大型家具・家電は事前の寸法確認が必要!! | リノベーション会社の "kasa"。圧倒的なデザイン力、どこにも負けないおしゃれな空間作り、そしていいものも安いに挑戦し続ける、本気リノベーション集団です。

大型家具・家電は事前の寸法確認が必要!!

こんにちわ。

長男が雨男でキャンプに行くと8割雨が降っているMです。


さて今回はリノベーション工事が完了してからのお困りごと?の一つの家具・家電の搬入問題!

kasaではコーディネーター・設計が事前にご確認させて頂いているので問題は発生しにくいですが、一般的に言うと家具・家電は自己管理になりますので、リノベーション後に搬入したい部屋に家具や家電が入れれないなんてトラブルも発生します。


冗談みたいな話かもしれませんが事前にチェックしておくことで無駄な費用やお気に入りの家具を処分しないといけない等の悲しい出来事を回避することができますので是非チェックしていってください。


家電

■洗濯機

まずは大型家電の代表格洗濯機です。

ドラム式や縦型で色々とサイズはあるのですが、しっかりと現在使われている洗濯機の種類とサイズを事前に伝えておくことが必要になります。

リノベーションの際に洗濯パンや洗濯機置き場のサイズを種類のより変わってきます。

一般的に洗濯パンといわれる白いプラスチックで出来た受けのようなモノが設置されることが多いかと思いますが、

サイズが64cm/74cm/80cmと3つが主流になっており、

洗面台の横に設置するのであればこのサイズによって洗面台の横幅も変わってきてしまいます。


また洗濯機によっては洗濯パンに脚がついていないと設置できない等の条件が付くことがありますのでこの辺りもチェックが必要です。


上記の問題が起こらないようにするためには寸法を測るのも大事なのですが、一番は取り扱い説明書に書いてある設置条件を確認しておくことです。

これにより無用なトラブルはたいてい避けることができます。

またマンションではなく戸建て住宅の場合で2階に設置される場合は階段で搬入できないケースもありますので2階の窓から搬入するケースもありますので、そのあたりも事前の設計の際に確認しておきましょう。


■冷蔵庫

次もトラブルが起きやすい家電冷蔵庫になります。

こちらもよくあるのが戸建て住宅で2階のキッチンに階段から搬入もできず、2階窓からも運ぶことが出来ずに小さいサイズへ変更を余儀なくされるケースです。


特にご家族が多く大型の冷蔵庫を使われている方は要注意!!


高さと横幅は測られている方は多いのですが意外な盲点が奥行になります。

ご自身で確認された図面での寸法では搬入できそうなのに実際入らなかった理由第一位が奥行になります。

どうしても冷蔵庫は平面ではなく立体の構造上狭いスペースで取り回しがしにくいです。

当然螺旋階段のように廻りながら上がっていくような階段では運ぶことが難しいですし、戸建て住宅ではなくてもエレベーターのない築年数の古いマンションの階段も要注意です。


必要な採寸は

高さ×横幅×奥行

の3つをしっかりと測っておきましょう!


■エアコン

エアコンに大きさなんて関係ない!と思っているそこの方。

エアコンには別の大きさ?があります。

それは電圧と電流です!

あまり引っ越し経験の少ない方は気にされた事がないかもしれませんが意外と種類があるのです。



こんな感じで畳数や能力によってコンセントの種類が変わってきます。

よくある例が築年数の古いマンションで広いLDKにしたいと思い何部屋かをつなげて大きい部屋にしたがマンションの規約で電圧が上げることが出来ず電圧の低いエアコンを2台つけざるおえないケースです。


この場合は現在使っている電圧の大きいタイプのエアコンは処分する必要性が出てきてしまい非常にもったいないことになります。


基本的にはリノベーションの際には設計担当がしっかりと確認して工事をむかえることがほとんどですが、こういうこともあるのだと知っているだけで後々のトラブルは避けることができます。



家具

■ソファー

■テレビボード

■ダイニングテーブル

■食器棚

■タンス・収納家具

■ベッド


ここでは一つ一つで注意事項はないのですが先ほど冷蔵庫の際と同じで

高さ×横幅×奥行

を測る必要性があります。

もともと日本の住宅に合わせて設計されている家具も多く、小さく分解できたり、上と下で分けることが出来たりとトラブルは少ないかもしれません。


ただ近年ではやっているDIYの家具や無垢材を使用している家具等で寸法がかなり大きいものを見かけたことがあります。

こういった商品はお客さまの思い入れが非常に強いケースが多くなかなか諦める事が簡単にできません。


特に発生しやすいケースが

マンション→戸建て住宅

戸建て住宅→マンション

の違う種類の建物に引っ越す際に発生しやすいので、

プランを考える前に新しい家に持っていく家電をしっかりと書き出しサイズを測っておきましょう!



いかがだったでしょうか?

知っている方からは当たり前かもしれませんが少しでもお困りになられる方が少なくなればと思い書かせて頂きました。

kasa以外でリノベーションを考えられている方はしっかりとチェックしたうえでリノベーション会社さんへ伝えるようにしてください。


kasaでも大阪・奈良・神戸を筆頭にリノベーションやワンストップリノベーションのご相談をお受付しておりますのでお気軽にお問合せください。

資料請求もお受付中!





------------------------------------------------





無料相談会実施中𓅓𓍯

お気軽にお問い合わせください。





インスタ:@kasa.tt.official

📩:info@kasa-tt.co.jp

📲:0120-09-5115




HPからもご連絡いただけます𓏏𓅱





------------------------------------------------

#リノベーション#マンション#戸建て#大阪#奈良#兵庫#北摂#豊中#吹田