解体費用ってご存じですか? | リノベーション会社の "kasa"。圧倒的なデザイン力、どこにも負けないおしゃれな空間作り、そしていいものも安いに挑戦し続ける、本気リノベーション集団です。

解体費用ってご存じですか?

こんにちわ!

工事中に職人さんが熱中症にならないか心配してるがなかなか伝わっていないMです。


最近自宅周辺も戦後すぐに建てたような木造住宅の解体工事をよく見かけるのですが、新築かリノベーションを検討されているお客様のなかでワンストップリノベーションのお問合せが多くなってきているので、リノベーションではなく新築工事を想定されている方へ解体工事の費用について書かせて頂きます。


まずは解体作業の順番をザクっと説明すると



1.既存物の事前撤去(配管・配線・植栽など)

2.足場・養生施工

3.内部の解体と処分

4.建物本体解体

5.廃材分別・処分

6.整地

7.解体工事完了



という流れになります。

この後一つ一つ簡単に費用や内容について書いていきます。




1.既存物の事前撤去(配管・配線・植栽など)

既存物というのは家財道具一式はもちろんのこと戸建て住宅であれば庭の植栽もあり意外にこの部分で費用が掛かってしまうケースも多いです。

最近では遺品整理や生前整理を業者へ依頼して結構金額がかかるのだなぁと感じた方もいられるかもしれません。


また建物の中には電気や水道・ガス等の漏れてしまうと危険な設備があります。

家の躯体を解体する前に撤去する必要になります。

といっても道路側で一気に切断することも可能なので、その場合は家の中の配管・配線はそのままでも大丈夫です。


既存物の撤去は家の広さや物の多さによりますが平均では10〜20万円程が相場になります。



2.足場・養生施工

次に解体の為の足場工事やシートでの養生費用になります。

こちらは解体工事の作業を見たことがある人は大概見かけた事があると思いますので、


ざっくりのご予算だけご紹介させて頂きます。

延床面積が30坪程度であれば約20万円程になります。

諸条件で変わってきますが参考にしてみてはいかがでしょうか?



3.内部の解体と処分

ここまで来ていよいよ解体工事がスタートしていきます。

内部とは内装の壁やドア、屋根、天井、畳、断熱材等の建物内部で解体できるもの全てを手作業にて工事いたします。


近年廃材(ゴミ)処理の仕方が法律にて分別の義務があるため重要な作業になります。

また内部を解体する前にテレビ等でみる重機や爆薬を使って解体は違法になりますので想像された方にとっては違和感があるかもしれません。


また解体で費用の大半が人件費と廃材処分費となります。

内部解体が木造住宅の人件費で延床面積が30坪程度であれば約40万円程になります。


4.建物本体解体

内部の解体工事が完了したら建物本体(外壁・柱・梁)の主要構造部を解体していきます。

ここまでくると重機を使用し、解体する事が一般的ですが、立地条件により手作業での解体工事を行う場合もあります。

また粉塵・砂等が舞い上がらないように水をまきながら作業します。


建物本体の下には基礎・その他に外構がありますので、こちらも解体していきます。

近年の建物であればコンクリートと鉄筋を使用し強度を高めている事が多いため、騒音・振動が大きくなります。

その後、分別し、建物解体で出た産業廃棄物の運搬を行います。

産業廃棄物収集運搬許可を所有している工事会社しか運搬は出来ません。


建物の解体工事が完了したら、地中にコンクリートガラやお皿などが埋まっていない事を確認します。

地中埋設物は土地を掘り起こしてからでないと有無や量の確認が出来ないため、追加費用となります。


こちらも内部解体と同じく木造住宅の人件費で延床面積が30坪程度であれば約60万円程になります。


5.廃材分別・処分

これで家自体はすべてバラバラになりましたが、残るは廃材の分別・処分になります。

木材・金属・廃プラスチック類・石膏ボードなどなど細かく建設リサイクル法にそって分別され処分しますが、近年処分費用も高騰しております。


ですので現在は時価みたいな扱いとしている会社もあり一概に金額をお伝えすることができませんが相場でいうと1㎥あたり5,000~20,000と種類により様々です。

こちらも木造住宅の人件費で延床面積が30坪程度で約40万円程になります。


6.整地

最後に建替えをするのであれば整地が必要になります。

整地は建物が建てやすいように土の中のゴミを取り除き平らに整える作業になります。


こちらも土の中のゴミの量によりますが30坪で約6万円程になります。


7.解体工事完了

これではれて建替えの出来る状態になりました。

ここまでの費用を合計すると約150〜200万円程がかかります。


いかがだったでしょうか?

建替えの希望の方が住宅展示場に行き、こちらの費用と前面道路等の条件でセットバックしないといけない等でリノベーションに切替える方も増えているみたいです。



金額やご希望の条件にもよりますが建替えを検討されている方も是非リノベーションを検討されてはどうでしょうか?


資料請求もお受付中!



------------------------------------------------





無料相談会実施中𓅓𓍯

お気軽にお問い合わせください。





インスタ:@kasa.tt.official

📩:info@kasa-tt.co.jp

📲:0120-09-5115


HPからもご連絡いただけます𓏏𓅱



------------------------------------------------

#リノベーション#マンション#戸建て#大阪#奈良#兵庫#北摂#豊中#吹田