マンションは何階が1番住みやすい? 各階のメリット・デメリット大公開! | リノベーション会社の "kasa"。圧倒的なデザイン力、どこにも負けないおしゃれな空間作り、そしていいものも安いに挑戦し続ける、本気リノベーション集団です。

マンションは何階が1番住みやすい? 各階のメリット・デメリット大公開!

みなさんこんにちは!

ケンタッキーのチキンはちゃんとした形派のAです。

みなさんはどの部位が好きですか?


さて、今日は中古マンションを買ってリノベーションをお考えの方必見🌱

マンションは何階が1番住みやすい?

各階のメリット・デメリットについて

をお話ししたいと思います。



昨今、都心を中心に高層マンション、いわゆるタワーマンションが

増えましたが、その一方低階層のマンションも一定の人気があります。

この『階数選び』は、中古マンションを買う際にも希望条件の一つとして

譲れない階数がある方も少なくはないですね。


同じ間取りであっても、階数が違うと見晴らしだけではなく、

マンション価格などにも差が出てきます。


また、それぞれのライフスタイルや考え方、住み心地はみなさん

それぞれ異なります。


今回は、各階の特徴を4パターン(1階、低層階、高層階、最上階)にわけ、

メリットデメリットをよく知った上で、物件探しの参考になれば幸いです。


1階のメリット・デメリット


 ー1階のメリット

  ・下層階への騒音を気にしなくていい

  ・価格が他の階に比べて安い

  ・バルコニーがお庭のように広く使える専用庭付きのマンションがある

  ・家への荷物の運搬(買い物したもの、ゴミ出し等)が楽

  ・エレベーターを待つ必要がない


 ー1階のデメリット

  ・外から侵入しやすかったり、中の様子が見えたり等防犯や

   プライバシー面で不安がある

  ・他のマンションや建物に遮られると、日当たりが悪くなる場合がある

  ・川や海などが近くにあると、災害時に津波や浸水のリスクがある


 お子さまが小さかったりすると、専用庭でプール遊びができるなど、

 1階は心地よく過ごせるかもしれません。また価格が他の階に比べて

 安いのも魅力ですね。


低層階のメリット・デメリット


 ー低層階のメリット

   ・価格が他の階に比べて安い

   ・上下階があることで、室内の熱が逃げにくく快適に過ごせる

   ・1階よりも日当たりや風通しがいい


 ー低層階のデメリット

   ・外から見えやすい物件の場合、外部から侵入等防犯や

    プライバシー面で不安がある

   ・下の階への生活音に配慮する必要がある


 1階と比べると、生活音を気にしなければいけない等はありますが、

 価格も抑えることができ、日当たりや風通しがいいなど、外せない

 メリットがあるといえます。



高層階(10階以上)のメリット・デメリット

 

 ー高層階のメリット

   ・なんといっても眺望がいい

   ・日当たりや風通しがいい

   ・外の視線が気にならず、下層階に比べ静かに過ごせる


 ー高層階のデメリット

   ・室内が暑くなりやすく、風が強いと窓が開けられない

   ・エレベーターの待ちが長くなりがち

   ・地震があると、揺れが大きい


 低層階に比べ、眺望の良さはピカイチ。花火大会など近所であれば

 特等席で見ることもできますね。 



最上階のメリット・デメリット

  ー最上階のメリット

   ・部屋の面積が大きいマンションが多い

   ・ゆとりある暮らしを満喫できる

   ・眺望がよく、日当たりもいい


  ー最上階のデメリット

   ・価格が高い

   ・室内が暑くなりやすく、風が強いと窓が開けられない

   ・エレベーターの待ちが長くなりがち

   ・地震があると、揺れが大きい


 価格が高い分、値段も下がりにくいため、資産価値としては大きいです。

 高いところが苦手でなければ、快適に過ごせますね。




さて、次に、フロアごとにどんなタイプの人が適しているかを

考えてみましょう。


タイプ別にみる、階層の選び方


ー1階が向いている人は?

1階が向いているのは、やはり子どもがいるファミリー世帯。

室内で走ったり飛び跳ねたり、など、元気一杯のお子さんにはもってこいのお部屋といえます。また、専用庭があるマンションであれば、目が行き届きやすくお子さまもご家族も、ストレスなく過ごせるのではないでしょうか。



ー低層階が向いているのはこんな人

1階と同じく、低層階もファミリー世帯や高齢者世帯に人気があります。

住宅ローンも比較的抑えることができるため、その分お子さまの進学費用等に

充当することができるのもメリットですね。



ー高層階が向いているのはこんな人

高層階は、道路から離れていることから、静かな環境を好む方におすすめです。外からの視線も気にならないため、女性の一人暮らしなどセキュリティーやプライバシー面に不安のある方にも最適です。また、蚊などの虫が飛べるのは6〜8階くらいの高さまでとも言われているため、10階以上の高層階では

虫の侵入を恐れることもありません。


ー最上階が向いているのはこんな人

ステータスを感じられるゆとりある生活を好まれる方は最上階に適しています。広さ等も特別仕様になっているマンションも多く、特別感がありますね。



まとめ


それぞれの好みや考え方、ライフスタイルによっても大きく変わってきますが、それぞれのメリット・デメリットを把握した上で、最適なマンションライフを送っていただけると幸いです。


kasaでは中古マンションの物件探しからリノベーションまでワンストップで

ご提供しております。ぜひお気軽にお問い合わせください。


⑅︎∙︎˚┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎


初めての方も向け基礎セミナー

その名も"リノベーション茶会"は

今月も定期的に開催しています。


オンラインでのご相談も承っております🍓


┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎┈︎˚∙︎⑅︎


#kasa #戸建てリノベーション #マンションリノベーション

#関西リノベーション #リノベーション大阪

#リノベーション神戸 #リノベーション奈良

#マイホームリノベーション #注文住宅 #リノベーション事例

#renovation #緑のある暮らし #観葉植物のある暮らし