どこに住みたいかを考える              【リノベーション前提】 | リノベーション会社の "kasa"。圧倒的なデザイン力、どこにも負けないおしゃれな空間作り、そしていいものも安いに挑戦し続ける、本気リノベーション集団です。

どこに住みたいかを考える              【リノベーション前提】


こんにちは。kasaの上から読んでも下から読んでもの ミナミ です。

毎日雨が続いていますね・・・。

今回もこのテーマ、『どこに住みたいかを考える』を、

リノベーションを前提としているパターンでお話します。


リノベーションを前提としてお家を探す方は、

まだそこまで多いとは言えません。

新築で土地を探しているけど、なかなかいい土地がない・・・

中古でそのまま住めるようなお家を探しているけど、

思っているような状態のいいお家がない・・・

そんな方が、

『中古の古いお家もリノベーションをすることで、

理想のお家に住めるんだ!』

と、方向転換されるパターンの方が多いように思います。


そもそも物件探しはとても体力と気力がいる作業です。

少しでも気持ちを楽に探せたら・・・と誰もが思いますよね。




リノベーション前提でお家を探すメリットまとめ


①築年数、間取り、設備の古さ・・・といった

家自体のクオリティーを無視できる


②住みたいエリアで立地を優先して探せるので、

資産価値が高い物件を選べる


③建物の価値を無視できるので、

選ぶ数が増える


④既に建物が建っているので、

イメージしやすい


などなど。

ようは、選択肢が増えるので、

より自分の理想に近いお家に出会えるチャンスが増える

ということですね。

『でもでも良いことばっかりじゃないでしょ?』

という声が聞こえてきそうです。

そこで、


リノベーション前提でお家を探すデメリットまとめ


①選択肢が増えすぎる

→確かに選ぶ範囲が増えると優柔不断になるかも・・・

でも嬉しい悲鳴ですよね


②建物が古いと構造が心配

→築年数が古い建物を扱い慣れていない業者さんはNG

kasaでは設計士が耐震診断や構造計算で、建物の補強計画から施工を考えます


③新築ではない

→新築には出せない『アジ』があります


確かに100点ではないかもしれません。

でも、100点に近づく近道がリノベーションです。


大阪でリノベーションをお考えの方は、

ぜひ kasa へご相談くださいませ~